小さじ1杯の蜂蜜で疲労回復!

多くの人が既知の事かもしれませんが、改めて、その疲労回復効果について。

蜂蜜は、アスリートに求められる様なエネルギーの即効性があるのは多くの人がご存知の有名な事かと思いますが、速いエネルギー補給効果の他にも風邪予防、殺菌作用、整腸効果、更には精神安定の効果など、様々に効能がありますが、忘れちゃいけない、当たり前な事の様に思われる「疲労回復」の効果に、改めて注目を充ててみたいと思います。

疲労回復効果のある食べ物は、探せば色々と沢山あるので、普通~にスーパーやドラッグストアに行けば普通~に買える食品なだけに、敢えてわざわざ健康意識の中に、スポットライトを向けよう・・・という人が、どれほど居るだろうか?と、どちらかというと脇役なイメージの方が強いであろう、蜂蜜のその疲労回復効果を、今一度、こちらに紹介してみようと思います。

やはりポイントは「ブドウ糖」と「果糖」

ブドウ糖と果糖というのは、体内で分解する必要が無いもので、単糖類というそうですが、単糖類というのが消化する手間が要らないからこそ吸収されるスピードが早い・・・というメリットがあり、短時間で腸から血管へ運ばれてエネルギーとして使える、という事です。
アスリートがパワーの補給に蜂蜜を採り入れようというのが解りますね。

更に、速い吸収の一助となっているのが、蜜蜂の唾液の酵素から、ブドウ糖と果糖がくっついているショ糖というのもその速い吸収の助けになっているとの事です。
が、普段蜂蜜を摂っている人が、そのショ糖の事も、ましてや蜜蜂の唾液の酵素の働きの事なども、認識している人など・・・、まぁどれくらい居ますかね。当方は、全くというほど認識はありませんでした。

スポーツマンが求める速いエネルギーへの転換を例に挙げましたが、肉体の疲労時には当然、体は欠けている/失った分のパワーを補おうとエネルギー補給を求めますから、出来るだけ素早いエネルギー補給、疲れの回復に蜂蜜は持って来いです。
ブドウ糖と果糖は蜂蜜の要の重要ポイントです。

勿論、の疲労回復にも!

肉体疲労だけではない、当然、脳の疲労回復にも大いに活躍します。
受験勉強や資格試験の勉強、頭脳労働の疲れにも、勿論、蜂蜜は実力を発揮します。

疲れた時に、甘いものが欲しくなる・・・、これは、迷信ではありません。

脳がブドウ糖を欲しているのです。脳を働かせるエネルギー源です。
ブドウ糖が不足してうまく働かなくなると、>低血糖の状態になります。そこで、ブドウ糖を豊富に含んでいる蜂蜜でパワーを補給してあげるのは、まさに理にかなっています。

オススメの1つはレモンとの融合

これは、そこそこ有名なコラボかもしれません。
健康大好きな方、ヘルシーな食品に興味が深い方には、馴染みの摂り方かもしれません。

レモンは酸っぱいですが、その酸っぱさの元がクエン酸です。
クエン酸も、疲労回復や胃腸の働きを活発に促進する作用がありますが、まさに、蜂蜜とレモンを融合させると1粒で2倍美味しい!・・・ではありませんが、オーソドックスなオススメの食べ方ですね。この程度なら、普段から試している方は少なくないでしょう。

しかし、小さじ1杯程度でも十分な蜂蜜ですから、レモンもそんなに大量に摂る必要もありません。
ティーカップに100%のレモン果汁を大さじ1杯程度入れ、そこに、小さじ1杯の蜂蜜を混ぜて、かき混ぜて飲めば、あっさり簡単なエネルギー補給となりましょう。冬場はレンジで20秒ほどチンして摂れば良い感じかな、と。

・・・そう!昔見掛けましたね!はちみつレモンていうジュース。でもあれは、蜂蜜の甘さに加えて砂糖も入っていましたから、ジュース自体が余計に甘かったですから「太る」という意見が少なくなかったですね。
自前で簡単に作る際には砂糖なんか余計に入れる必要も無いですからね。

  スーパーパワーフード はちみつのススメ その1 エネルギーの即効性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です