炭のダイエット効果

これまたTVで見掛けた健康策略ですが・・・

しかし、よくよく調べてみると、炭によるダイエット方法というのは稀少で珍しい事ではなく、最近はそこそこ知られている方法みたいですね。
当方が知らなかっただけ感もありますが・・・。

よく、炭というと、ホームセンター等で売っている備長炭をプラスチックケースやバケツ上の器に入れて、部屋の空気の浄化等に用いられている人は少なくないんじゃないでしょうか。

炭でダイエット・・・というと、その炭をガリガリとかじって食べるのか?と思いきや、違います。
食用加工された炭というのがありまして、それを料理やおかずに混ぜて使用するのですね。
粉末になった炭のパウダーというのが売ってまして、当方はそういうのをネット通販で購入して使ってみました。

調べてみると、1日あたりの摂取量の適量は、耳かき2~3杯程度らしき。「少ねっ!」と思いました。
耳かき2~3杯ほどというと、せいぜい画像のこのくらいです。

ネット通販で偶々見つけたのが80g入で安価だったコレです。

数値だけ視ればたった80gですが、1日あたりの摂取量がごく微量なので、大袈裟ですが、数年間使い切らないだろう・・・ほどです。

炭というのは、体内の余剰な糖分を吸着させて排便に出してくれるという事だそうで、吸い付けてくれるのは糖分/糖質だけではないと思いますが、様々な老廃物を一緒に体外へ排泄してくれるから、それでデトックス効果が云われているのだろうと。
それで、当方は、逆流性食道炎持ちで、胃腸も弱い方なので、糖分やカフェインが敵なんです。そこで、炭に余分な糖を着けて排出されるのを期待して試しています。

炭は、当方の肉眼レベルでは判りませんが、幾つもの穴が空いており、体内に入ると膨らむそうなのです。
なので、上の画像のほどの微量でも十分らしきで、あまり多く摂ると、恐らくそのせいで下っ腹が張る感じが起こると思われます。実際、当方も下腹の膨満感を除きたいのに炭パウダーの摂り過ぎで下腹が張っちゃった感を起こした事があります。

1日に1回、味噌汁に混ぜて摂り続けて2~3週間。
確かにヘそ下の下腹ぼてり感は今の所、結構減っています。というか、今は、ありません。

100円Shopで買ったプラスチックの調味料容器に入れて使ってますが、中身が目に見えて減る気配が無いこの頃。




<<参考記事・スーパーパワーフード はちみつのススメ その2 殺菌効果>>

ちなみに、体重が日々明らかに10gずつ10gずつ減っていく・・・という事はまず無かろうですから、過剰な期待は禁物です。

摂取量がごく微量だからかどうか、食用炭製品を摂っているおかげだ!という体感的感覚は全くというほど無いんですけどね(苦笑)・・・。まぁ必ずしも上の画像の商品でなくとも同ジャンル品は沢山ありましょう。安いものは1000円程度ですから試してみるのは良さそうです。


(Visited 8 times, 1 visits today)