有酸素運動のススメ! サイクルツイスタースリム・WT550のススメ!

有酸素運動はおよそ必須

やはり、健康を維持する、体力を維持する、太りにくい体を維持する為には有酸素運動は欠かせない、必須な運動でしょう。
あの有名なRIZAPでは、そのプログラムでは有酸素運動はやらないそうですが。

筋トレ、無酸素運動の連続でも、それなりに痩せる効果、ダイエット・脂肪燃焼は期待出来ると思いますが、有酸素運動を採り入れる事は重要だと考えます。
そして、それでも面倒くさがり屋さんは多い事でしょうし、手軽に出来る事はないかなと考えるのは誰しも考える事かなと。

ジョギング、ランニングは疲れるし、夜、帰宅してから30分間も1時間も自宅周辺を走るのは面倒だし人目について恥ずかしいし、スポーツジムに通うのは、それも面倒だし、だいいちお金がかかるし・・・。
で、ジムに通ったり、夜の自宅周辺を走るのではない、手軽に出来る事で良いのは無いか?と、一つ、行き着いたのはバイク運動です。

と言っても、普通のママチャリを自宅でカラカラと漕ぐわけではありません。

サイクルツイスタースリム・WT550のススメ!

なぜこの機器に目を付けたのか?というか、なぜエアロバイクなのか?というと、その理由は、膝や関節に負担が一番かからないと聞き知ったからです。

有酸素運動の中では、ウォーキングよりも、ジョギングよりも、膝、関節への負担はバイクが一番軽い様ですね。検索すると、その様な情報が幾つも引っ掛かります。
そして、ウォーキングよりも消費カロリーが、同等以上かそれより高いという情報を併せて複数見つけました。

このサイクルツイスタースリム・WT550は、畳1枚分ほどのスペースで出来るので、手軽で良いです。

  

しかし!前フリの文章からは、若干ズレてしまい、ジムに通う様な毎回の利用料や月々の利用料がかかる訳ではありませんが、購入する金額がかかってしまいます。このサイクルツイスタースリムは2万円前後の値段がしますが、勿論、月々の利用料の様に毎度ではなく、購入時だけですよ(苦笑)。

二の腕に一番効く?

筑波大学大学院の教授さんの協力による開発という事で、運動効果の謳い方もかなり目を惹く素晴らしいものでした。
このエアロバイクの最大の特徴は、2本のアームが交互に前後に動く事で、ボートを漕ぐ様な動作が並行して出来る事で、下半身だけでなく上半身の運動も同時に行える事ですが、実際に使ってみたところでは・・・。

メーカーの公式サイトではなく(メーカー公式サイトは探しても見当たらず)、販売サイトで謳われているこの製品の「一番のウリ」ポイント(?)は、ウェストのヒネリ効果みたいですが、正直、体の他の部位の色んな部位よりも、お腹のヒネリ効果が一番低い様に思えるのです。使用中、「お腹が捻られている」感はほとんど感じません。
それよりも、一番効いているのは二の腕かな、と思います。10分間も使っていると、結構パンパンに、ピンピンに張って来て効いている感をモロに感じます。

そして、どちらかと言うと、下半身よりも上半身に効果的なマシンの様に思います。背中の部位、背筋、肩甲骨の間でしょうか、何というか、後ろ側がよく鍛えられる様に思えるマシンです。
ペダルを漕ぐマシンですが、使い終わった後、足腰はほとんど疲れた感や運動した感が無い・・・と言ったら語弊があるかもしれませんが、それくらい下半身は楽です。
それが、バイク運動が膝関節に負担がかからないという由縁なのかどうか。

メーターはオマケ程度?強度調整は簡単!

前側のやや下部にメーターユニットがあり、本機とコードで繋げて漕ぐのと併せて動作するのですが、やりながら数値の変化とかチラチラ見てると、消費カロリーなどは本当にホントの目安的な役目かなと思います。当方はほとんど当てにしていないので、オマケ程度かなと思います。当てになりそうなのは、走行距離は当てに出来そうですが。

そして、漕ぐ強さの調整は、大本の強さ調整はテンションベルトという黒い細いベルトを引っ張ったり少し戻したりするだけで、非常に簡単です。細かい強度調整はイスの正面下部にノブが付いていて、そこで調節します。


又、テンションベルトは、ほぼ毎日の様にこのマシンを使っている状態では、約1年しか持たないので1年経ったらベルトのみ別途購入する必要があります。

インターバル使用が良さそうです

販売ページで謳われているのですが、10分間の使用で30分間のウォーキングと同等・・・という事ですが、実際、コレを30分間とか連続するのはかなり困難かと思います。
まず、飽きると思います。ひたすらグイグイ漕ぎ続けるのですから。部屋の中で出来る運動なのでTV視ながら使っていますがそれでも20分30分も続けては無理でしょう。TVなど視ながらでもいいとこ一区切り10分程度かなと。

10分間漕いで5分間休憩・・・とか、10分間漕いで10分間休憩・・・とか、それを3セット程度やるという使い方が良さそうです。30分間も続けるとなると、それこそ膝などを痛めかねないかもしれません。

ちなみにこのマシンは、例えばボクサーや、アスリートの方が、そのトレーニングでガガガーッ!と猛スピードでガンガン漕ぐ様な使い方をする趣向のバイクではないでしょう。ややゆっくり目な速さで粘り強い感じで漕ぐのが良い使い方のマシンでしょう。

そして、肝心のダイエットですが、寒い冬場にコレだけで痩せよう!というのは少々困難だと想像します。冬場にコレを真面目にコツコツ使っても、脂肪が体内で燃えたぎっている感を実感するにはそれこそ10分間で30分のウォーキングと同等!・・・程度の使用では無理でしょう。体重にもそんなに効果は出現しないと思います。
夏などの暑い季節に、発汗ウェアを着てこのマシンをコツコツと持続して、脂肪燃焼エネルギーを汗に含ませて吹き出してやると、まさに効果的なダイエットにつながる事でしょう。

重要ポイント:音は「静か」とは思わないが、うるさい!というほどでもなく・・・

室内でやれる運動器具ならば、動作音も購入時に気にして機具を選択した方が良いのですが、ではこのサイクルツイスタースリムはどうなのでしょう・・・。
ゆっくり目で使った際の動作音は?というと、決して「静か」だとは思いませんが、うるさいというほどの騒音でもありません

※動作音参考ショート動画

よくスポーツタイプの自転車だと5段とか6段変速とかが付いた自転車がありますが、テンションベルトの引っ張具合いをそれの重たい方(キツい方)のギヤにした状態で、ゆっくり目に漕いでる状態の音の短め動画↑ですが、ギシ~ッギシ~ッ・・・という油切れかの様な音が聞こえるかと思います。
これは、チェーンが周っている時の音とペダルを踏み込んだ時の音です。

同時に、動画中で聞こえるかどうか・・・くらいの音で、キュルキュルキュル~・・・という音も鳴っているのですが、これは、タイヤの回転時に、テンションベルトの摩擦で鳴っている音です。
気になるほどの音量でも無いといえばなく、でもしかし、ハッキリ聞こえる程度の音です。
何というか、ある種、古臭い様な、貧乏臭い様な音を発するのですが、こういうこの程度の音はします。
例えば、飽きない様に、TVを視ながらやろうという時などは、TVの音量を2つほど上げてやるのが良いですよ。

同程度の金額をかけるなら、下半身だけを稼働させる一般的なエアロバイクよりも、エアロバイクならコレを買っておいて間違いじゃないだろうとオススメします!

 

  [関連記事]アルインコ社のランニングマシン・AFRシリーズを推奨します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です