良薬口に苦し?アセロラでDHEA値の上昇維持を期待しよう!

DHEAとは?

DHA、青魚等に含まれるドコサヘキサエン酸に名称こそ似ていますが、似て非なる、全く違うものです。
DHEAとはつまり、若返りホルモンと俗に言われている要素の事だそうです。

先日、TVで、100歳を超える方々の健康特集番組をやっていまして・・・。
それで、当方も、両親にはまだまだいつまでも健康で長生きして欲しい、当方自身ももし子供が出来て子供がある程度の年になるまでこの世に居ていられる様に長寿で居たいと思い、このDHEAに注目しました。

DHEA値を高く保つ為には?

では、そのDHEA値を、実際、高く保つためにはどうすればいいの?・・・という趣向で番組は進み、その主な答えは2つ。
一つは、趣味などの生き甲斐を持つ事。

番組が注目したお年寄りの方々は皆、コレっていう趣味や生き甲斐を持って楽しく日々を送られていました。
・・・とは言え、少年期/青年期/中年期などとは違い、高齢になってくると、誰しも皆、何らかの生き甲斐を持って!というのはそう安易な事ではなくなります。

趣味などもやり尽くしたり、コレと言った決まった事を日々定期的にやっている物事は特に無い・・・という人に、半ば無理に「何かをやりなさい!」と言っても、直ぐにそう易々とは思いつかないし、始めるのもある種、色々と困難な面もありましょう。

ならば!と、もう一つの高く保つ秘訣の発表を待っていたら、2つ目は、何とま~単純な事。
「ビタミンCを十分に摂る事」だそうです。
えっ!?そんな単純で簡単な話し?・・・と拍子抜けするくらいでした。

ビタミンCの摂取の仕方の選定を考察

そこで次に、ビタミンCを摂るに当たり、幾つか考えてみました。
効率的にコスパ良く、そう考えました。

まず真っ先に思いつくのは超有名、レモンですね。レモン果汁100%のレモン汁が近所のスーパーで売っていましたが、容量と値段から換算したら、特にコスパは良くもない。そして、人によってはお茶などに数滴垂らして飲むと、酸味が胃、食道、噴門部を刺激して、少々胃酸の分泌が活発になる模様で軽い胃痛を起こします。
ので、当方的にはレモン100%汁の少量の継続的な摂取はダメでした。

次に思いついたのはキウィフルーツで、ちょくちょくサラダにキウィのスライスを混ぜて食べていますが、やや残念に、レモンなどと比較すると、同容量でのビタミンC含油率は、レモンよりも多少低いので、ビタミンCを目玉に考える摂取物としてはサブ的ポジションじゃないか?と。

そこで!・・・忘れちゃいないか?と思い出したのは、ビタミンCを豊富に含むフルーツで第一人者的存在のアセロラです。

 

良薬口に苦しアセロラ100%ジュースが持って来いかと

アセロラジュース商品の値段を早速調べて、10g換算、100g換算などで、幾つか比較してみました。
流石にビタミンCの王様的存在のアセロラは、100%モノだと特別割安でも何でもありませんでした。

そこで、幾つか確かめてみて行き着いたのが、下記のアセロラドリンクです。

アセロラ果実は台湾産の様です。そして、生産/加工しているのは沖縄のメーカーっぽいです。


そして、このジュースの特徴は、その色と味わいです。色と味わい・・・と言ったら、ジュースの特徴としては、「全部じゃねぇか!」という気もしますが。

見た目がまず、全然美味しそうじゃありません。薄い茶色というか何というか、何かの原液でも見ている様な。


そして、味もですが、妙な酸味の効いた変な酸っぱさがある味。
微妙に、若干「苦い」様な気もします。良薬口に苦しなどとも言いますが、薬じゃないのにかすかに苦い気もします。

加工生成された、スーパーに普通に売ってるアセロラドリンクは調整されているので普通に美味しいですが、このジュースの第一印象は、多分、お世辞にも「美味しい」とは感じないかもしれません。
が、1日に100ccとか飲む場合、コスパで考えるとこのアセロラドリンクを、4本とか10本パッケージで購入し、毎日ちょこちょこと飲むのが良いかなと、今のところ行き着いています。

「摂り過ぎ」には要注意です

何歳になってもいつまでも若々しく元気で居られる様に、若さを保つ難しくないコツだと紹介しながらも、一つ、注意しなければいけない点があります。
それは、摂り過ぎには注意しましょう!という事なんです。

「それは、何においてもそうでしょ、同じでしょ。」という声が聞こえて来そうですが、誰が聞いてもビタミンCが体に良い、健康に良いというのは大抵周知の事だと考えると思われますが、しかし、注意が必要なんです。

お腹に効いてしまう!という事なんです。

このアセロラジュースを適量、ほぼ毎日の様に飲んでみたところ、3~4日目くらいからか、飲んで10~15分ほどで、お腹がゴロゴロ・・・と言い始めるのが分かり始めました。
当方の場合はお腹を下してしまうほどの腹痛ではなかったのですが、気のせいかな?と思う程度のゴロゴロが起こります。

ビタミンCの過剰摂取は、副作用として腹痛、下痢、便秘などのお腹の症状が起こると、とっくに判明している事の様です。
成人のビタミンCの1日の必要摂取量は、何と、100mgだそうで、驚く様な多い容量ではないんですね。
だから、DHEAを毎日いっぱい摂ろう!とか、ビタミンCをとにかく摂って若々しく居られる様に頑張ろう!と、そんなに必死になる必要は無い、という事です。

実際、当方が必要容量の感覚がよく分からずに頑張ってビタミンCを摂った結果、数日で便通が渋くなり、お腹が膨満してきてお通じが鈍くなる苦痛を覚え、それが急なビタミンCの摂り過ぎだと気づくまでの数日の地味な辛さは身をもって知りましたから、日々、コマメにが良いですよ。

このアセロラドリンクなら、せいぜい1日に、ティーカップに半分程度も摂れば、良さそうです。
コレ以外にも、他の食材から少しずつでも気付いていない内にでもビタミンCは摂っているでしょう。

定期検診と生活習慣を普段から気を付けていれば、今時の時代、人生80年なんて特に長くもない時代、今や、人生90年、100年時代と言ってもいい時代でしょう。
その為の一つの秘訣として、DHEA、その値の良いところでの維持のコツでビタミンCの十分な摂取ですが、

当方は何も、不老不死になりましょう!と推奨している訳ではなく、人間なら必ず老いていく訳ですが、老いてもやはり、出来るだけ若々しく健全に全うしたいと促したく思います。
その為の秘訣の一つにアセロラドリンクを、まずココでは推奨しますよ。

  [関連記事]スーパーパワーフード はちみつのススメ その1 エネルギーの即効性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です