不眠改善の一助に!効くツボ5選!

当方は、睡眠が決して十分に足りてはいない方の部類になると思っております。
寝ている時間は賞味6時間ギリギリあるかどうか、くらいではないかと・・・。

そもそも眠りが浅いのか、神経が細かい方で考え事が日頃から多い方だと眠りが深くなり難いのか、医師ではないのでそのへんは良く解りませんが。
睡眠時無呼吸症候群とかではないはずです。もしそうだったらもっと重症化しているはずですし。

一つ、他の人より多いと自分で判っている事は、中途覚醒は多い方です。
少ない時で2回、多い時で4回くらい中途で目が覚めます。そしてまた寝るのですが、それが減ってくれればつまらぬインターバルなど無しにそのまま眠っていられるのに・・・と。

中途覚醒が多い事が悩みと難点

睡眠時間は大体6~7時間
その間に中途覚醒が2~3回程度あるわけですから、ここ数年、十分寝たな~と思えた事があまりありません。

それが困るなら改善すればいいだけなのに?・・・と思われるでしょう。
幾つかの方法は試しましたよ、それはそれは。

睡眠前の軽く1杯の温かい牛乳。
寝る30分以上前にPCをいじるのをパタリとやめる。
ドラッグストアの市販の睡眠導入薬をしばらく服用してみる。

などなど、細かいことも含めて幾つか試しました。
それで、市販の睡眠導入薬は、始めのうちは良かったですが、徐々に、朝、寝起き時に1~2時間、重苦しい倦怠感を催す様になり、結局ダメでした。

行き着いているのは睡眠に効くツボ

そして、今少し、行き着いてるのは快眠効果に良いと言われているツボです。
色んな事を試しても、多少でもお金をかけているのに目立った改善ではないとなると、お金をかけずに快眠が期待できる事の方がよっぽど良いと思い、ふと、思いついたのがツボです。

ツボへの刺激って、巷でも有名ですし、東洋医療でも当たり前に活用されていますし、自分の体の機能を利用する事ですから自然な事だなと。
ちなみに、当方が普段試している快眠の為のツボは5箇所

頭のてっぺんの百会

足裏のかかと辺りの失眠

同じく足裏の前方辺りの湧泉

手の甲、親指と人差指の付け根辺りのところの合谷

耳の下部の後ろ辺りの安眠

足裏のツボは勿論、両足やって下さい。

で・・・。
これが結構、地味~効くんです。
疲労の回復にも効果的らしいのですが、睡眠におそらく地味に効いている様なのです。

ツボを押してから直ぐに眠くなるわけではない様で、30分くらいは普通に起きてます。眠くなっても来ません。が、
気が付いたら眠りに落ちている・・・という感じです。

時々、足裏のを忘れて寝る体制になってしまっている事が珍しくなく、他の3箇所ばかりをやる事もありますが、それでも結構効いているっぽいです。

お金をかけずに手軽に不眠をそこそこでも改善したいと願うなら、このツボはお薦めだと言えます。




にほんブログ村 健康ブログ 健康の豆知識へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です