ゆっくりスクワットで筋肉刺激! 地味~に効きます!

痩せたい!ダイエットしたい!ウェストが細くなりたい!
それは、多くの痩せたい誰もが望む事かと思います。

その為には?そぅ、行き着くところは脂肪を燃やす事でしょう。
さて、ではその脂肪を燃やすためには?というところですが、脂肪を燃やすのは「筋肉」です。ですから、ある程度で筋肉が付いている事、筋力をある程度で維持する事は必須な事となります。

脂肪を燃やすのは有酸素運動だと誰もが思っている事だと思いますが、それもそうなんですが、筋力がそれなりに無いと、脂肪を燃やしてくれません

一般的によく言われるのが、有酸素運動と無酸素運動(筋力トレーニング)を組み合わせてやらないと、脂肪は燃えませんよ?と言われます。まあ確かにその通りでしょうが、事、今投稿においては一つの筋トレに焦点を絞ってお話致します。

幾つかの事を試した上で、当方が今でもほぼ毎日細々と継続しているのがスクワットです。それも、ゆっくりなスクワットです。

[なぜスクワットなのか?]

下半身、お尻から膝上辺りに掛けての大腿部に、人間の筋肉の6~7割が集まっているという事を、2~3年ほど前に知りました。
人間の体には、だいたい均等な比率で筋肉があるのかと思ってたら、違うんですね。

それで、痩せたいとか、減量したいとか、贅肉を落としたいとか思ったら、ともかくはその6~7割の筋肉が集まっているという太もも部位の筋肉を鍛えるのは、まず必須な事らしきと、あちこちで言われているのを知りました。
こと、TVの健康情報番組で、筋力の事が採り上げられている場面では、もぅちっとも珍しい場面ではないですね。

そして、もぅ一つ、スクワットに注目したのは、面倒くさがりさんにはモッテコイのトレーニングじゃないかと思います。
何せ、全くというほど辛くない
走ったりするでもない、ろくに苦しくもない、外出する必要もない・・・。
これが運動か?というほどの楽な努力。もしかしたら、一番楽な運動じゃないか?と思うくらい、している様でしていない様な運動でしょう。
室内で、50cm四方程度のスペースがあれば、誰でも出来ますし、TV視ながらのながら運動でも十分な努力です。
サボってるのか運動しているのか判らないくらいの努力じゃないですかね。

[有酸素運動でもある様です]

確かに鍛えているのは筋肉でしょうし、筋トレというと無酸素運動だと当方も思っていたのですが・・・。

実際、やってみると、1セットで10回もやってみると、8回目くらいには、うっすらと息がハアハアか、ゼエゼエか、言っている事に何となく気が付くのです。
膝を曲げて下へ上へとやる時に、ス~・・・っとゆっくりと呼吸もしながらやるのですが、そうすると、7~8回上がり下がりしているだけで、有酸素運動にもなっているみたいです。
そりゃ当然、ジョギングをしているほどの有酸素運動効果まではおそらく見込めないものとは思いますが。
肺が広がる程度の効果はあるんじゃないかと思われます。そこまでは未確認ですが。

そして、何と言ってもやはり筋トレですから、上がり下がり5~6回程度でお尻と太ももに来るのですが、その筋肉を鍛えている感、ギュ~・・・っと筋肉にキテイル感が起きる事が、重要なのでしょう。

お腹を意識して腹筋を刺激している感もあろうかと思いますが、そっちよりもむしろ、否応なしに、若干お尻は後ろに多少なりとも突き出てしまうものですが、その際のお尻の筋肉が刺激されている感がそこそこ重要に思えます。




[スクワットは地味~に効きます]

まずは、朝晩で10回ずつ
ご年配の方などは、いきなりやり始めて何十回もは危険ですし、朝晩で10回ずつでも多いかもしれません。その時は、朝晩で5回ずつでも構わないかと思います。

朝晩で10回ずつでもやると、ゆっくりだと結構、両脚に来るものですよ。
ウォーキングなどで長距離を歩いて足腰を鍛えるのとまた違う、脚への負担というのは筋肉と骨とに結構効果的なものの様です。
そして、多少でも、体が熱くなるのも実感できる事と思いますので血流が上がっている事と思いますが、それが大事です。血流が上がる事は脂肪燃焼につながります。

その際に、過大な期待や思い込みは禁物ですが、ゆっくりスクワットを朝晩10回やる程度では、明らかに日々見る見る痩せていく・・・という事はまず無いでしょう。
つまり、一助に役立つ、という事です。
冷静に考えれば、そのゆっくりスクワット朝晩10回ずつで、見る見るダイエットしていける・・・とは、あまり思う人は居ないのではないでしょうか。
当然、他の運動とのミックス、相乗効果が良いのですが、太り難い効果を期待する事は出来るでしょう。

ちなみに当方は、4~5秒かけて下がり、1~2秒静止し、また4~5秒かけて上がってます。
こちらに紹介する動画がそれに近いですが、この動画の状態でも、上がり方が微妙に早いのではないか?と思うくらいです。

一番、誤解しそうなのは、ウェスト痩せ効果はあまり期待できないだろうという事です。
ウェスト痩せ効果は、脇っ腹のぜい肉を削る事、下っ腹ぽっこりを解消する事を併せてしなければ難しい訳ですが、ゆっくりスクワットでその脇腹や下腹への効果がどれだけ望めるか?となると、ゆっくりスクワットを地味に継続している当方からしたら、疑問です。

骨・骨格を支えているのは筋肉です、というのは以前から知っていますが、筋肉を鍛えて骨格を支える事は肥満予防にも効果的ですし、骨格の歪みは万病の元、というのは以前から聞き知っています。

という事で、まずは地味に細々と、ゆっくりスクワットを、まずは2~3ヶ月、試してみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です