膵臓がんの早期発見を実現した意外な?検査方法 前編

医師の先生曰く、膵臓がんは、癌の種類の中でも最難関なのだそうですね・・・。そうだったのか、知らなかった・・・。
プロのお医者さんがそういうのですから、相当、難しいのでしょう。

発見された時には既に進行している状態であるケースが多いらしく、ステージ1の1cm以下の初期の段階で見つかる確率は1%未満なのだそうですね。
1%を切ってるのか・・・。

それじゃぁ、膵臓がんだと診断されたら、半ば、死を覚悟せねばならないという理屈にもなる様な・・・。

例えば、市町村の無料定期検診なんかでは、血液検査やらレントゲンやら検便程度でしょう。
胃や大腸なんかでも、無料検診では内視鏡を飲むなんて事はしませんから、自発的に検査を受けたい!として医療機関に行かない限り、やらないはずですから、ましてや膵臓・・・となると、注意が行き届かないのが普通で・・・。



膵臓の何が難関か?というと、他の幾つかの臓器の裏に隠れている事、自覚症状が判りづらい、という事なのだそうで。

そんな、難関だという膵臓がんの発見率、回復率を格段に上げた、奇跡の町が日本の町にあるそうで・・・。
まぁ、別にもったいつけるつもりはありません。広島県の尾道市だそうです。

全国の内科医さん達に是非とも真似して欲しい、模範例をご紹介致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です