ひろみちお兄さんがカプセル内視鏡大腸検査に挑む

NHK・おかあさんといっしょ、の10代目の体操のお兄さんで有名なひろみちお兄さん

そのひろみちお兄さんも早50歳。
50歳になったのを節目に大腸がん検査に挑戦します。

大腸がん検査の最大の難関は、下剤を何十分もかけて大量に飲む事でしょう。これがなかなか結構辛いもんです。

ひろみちお兄さんが行ったのは、お尻から管を入れて内視鏡を挿入する検査ではなく、内視鏡がカプセルになっていて、それを飲むという検査。
この様な検査方法が既にあるなんて、これは知りませんでした。

こっちの方が楽に視えますね。

それにしても、下剤の何度もの飲用がどうにもつらそうですね。

大腸がんは、ステージ1の段階で見つかって治療をすれば、治癒率90%を超えている病。
大腸がん検査は怖い・・・とか、苦手・・・とか、面倒臭そう・・・とか、そんな子供みたいな事を言っていないで定期的に検査する方が良いものです。




人生100年時代にも入っています。
2017年で日本人が羅患する癌の羅患率のTOP3で1位が大腸がんだという。50代を境に上昇していく様ですが。

そういう事で、ひろみちお兄さんの大腸がん検査の模様をご参考にして下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です